生涯働けるIT系コンサルタント

IT系コンサルタントとなることのメリットとして大きなものは、比較的寿命が短い職種が多いIT業界において、晩年まで仕事をしていくことも可能な職種であるということがあげられます。特に企業に属さずにフリーランスをしている場合には、年齢や体力に応じて適切な事業展開を行っていくことが可能であり、それによって年齢を問わずに仕事をしていくことが可能になります。

コンサルタントの仕事は一言で言ってしまえば、クライアントの要望を実現するということです。その要望を実現するための手段として情報技術を活用するということになります。
そのためには、クライアントの要望を情報技術の世界で通用する形に具現化する必要があり、現実社会と情報技術の世界との橋渡しが必要になります。
それを担うだけでも十分に大きな仕事とすることができます。
クライアントの相談に応じることによってこういった橋渡しを行い、具体的なプランを立案し、その開発を担っていくということも可能です。
開発を担うのが負担である場合には、その仕事を外注する先を紹介してマネジメントを行うこともできます。

こういった形で仕事を段階分けすることができるため、力量や時間的、体力的都合に応じてどこまでを自分で担うかを考え、適切にフリーランスとしての事業展開を行っていくことで生涯仕事に携わっていけます。
重要なのはクライアントの獲得であり、若い間につながりと実績を積み上げていくことが重要です。
コンサルタントを介して仕事を獲得するフリーエンジニアにとっては、エンジニアとクライアントの架け橋となるコンサルタント目線だと、どのような心構えを有しておくべきか一目瞭然です。エンジニアとコンサルタントがお互いに信頼関係を築き、より良い仕事の獲得をしたいものです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です