必要なものとは何か

何事にも、初めてのことには事前の準備や知識が必要になってきます。
学問などには入門といった、初心者向けの書籍や参考書などがありますが、仕事ではあまり見かけることがありません。
ですがどのような仕事でも初めての期間はありますし、初めての機関ほど大切なことはありません。
この最初の期間にどのような知識を得ることが出来るか、またどのような経験をするかで先々の仕事の内容が変わってきます。
特に会社勤めから、フリーランスになる時には、最初の知識や経験がとても重要になってきます。

もちろんフリーランスになるための準備には、十分な時間が必要になってきます。
フリーランスになるには、資金であったり、必要な機器であったり、仕事の出来る環境が必要になってきます。
特にインターネット環境については、十分検討しておく必要があると思います。
どうしても費用を安く済ませたいと考えるものですが、趣味でインターネットを利用するのと仕事でインターネットを利用するのとでは目的が違ってきます。
一見、経費が高くつくように思えても、先々の安心や安全といったことからインターネット会社などを検討しなくてはいけません。

仕事に使う機器も同じです。
どのようなことに利用するのか、自分が求める機能はどのようなことかといった、判断基準をしっかり決めてから、商品を選ぶ必要性があります。
ただ価格や、最新機器だからといったことで判断するのは間違いです。
毎月のコストも考えなくてはいけません。
本当に必要な物を、最小限で準備するのが、フリーランスの入門編といったことではないかと思います。
無理をしないこと、見栄を張らないことも大切なポイントです。

また、独立後はエンジニアとしての仕事はもちろん、営業や事務処理といったあらゆる業務を一人で行う必要があります。
これまで培ってきた経験を活かして、フリーランスとして業界に生き残るために必要なことは、なにも技術力だけではありません。
独立後の案件の獲得は、クライアントとの架け橋となってくれるコンサルタントの存在が大きく、自分自身の市場価値を最大限にアピールするには、時にはコンサルタントのアドバイスを参考にした方がいい場合もあります。
フリーへ転身した後の成功に繋がる助言を掲載しているサイトをご紹介しておきましょう。<<<フリーランスコンサルタントパーク>>>

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です